Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

 

 カミングアウト
    Coming Out (From Human Rights Campaign)
                                        2005.04.07  

カミングアウトとは、自分がGLBT(ゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダー)だと表明することです。まず告白するのはあなた自身、それができたら次は家族や友人です。多くの人が悩み、苦しみながらもカミングアウトをするのは、遅かれ早かれ、自分が何者かを隠して生きることに耐えられなくなるからです。そしてほとんどの人は、自分の中枢とも言える部分を隠したままでいるよりも、周囲にオープンにして正解だったと考えています。

「カミングアウトとは自分に正直になる、ただそれだけのことさ――ただし、周りが自分をストレートだと信じて疑わない世界でね。GLBTに批判的な人の中には、みんなの注目を集めたいだけだって言う人もいるけど、それは違う」 と言うのは、作家で、著名な小説家アン・ライスの息子でもあるクリストファー・ライスです。「『ゲイだからって、それを宣伝して回る必要がどこにある?』って言う人もいる」 そう話すクリストファー自身もゲイです。「でも率直であることと『宣伝して回る』ことは、まったくの別物だ」

GLBTが圧倒的なマイノリティであるこの社会では、ときに本来の姿で生きることが困難になります。クリストファーにとってカミングアウトの最大のハードルは、自分が人と違うことを認めたくない、という恐怖心でした。「一番大きな障害のひとつは自分自身だと気づいたんだ。カミングアウトをすればとんでもないことになる、と思い込んでいた。でも両親はきちんと受け止めてくれたよ――それに友人の多くも。そりゃいろんな反応があるのは当然で、抵抗なく受け入れてくれた人もいれば、そうでない人もいる。でもほとんどの場合は、不安に思うあまり、相手に拒絶されると勝手に決めつけていただけなんだ」

少年時代のクリストファーは、「大人になれば女性を好きになるはずだ」と思っていました。ティーンエージャーの頃は女の子とデートもしたし、いつかは結婚もするだろう、と友人たちと話していたのです。でも同時に、自分に正直に生きているゲイの人々の本を読み、さらに友人たちと話すうちに、自分が同性に惹かれるという感情について考えるようになりました。そんな彼がすべてを悟ったのは、初めて同性の恋人ができたときのことです。

「とてもしっくりきたんだ――こうなることがごく自然に思えたし、まさに言うことナシ、って感じだった」 とクリストファーは当時を振り返ります。「それに何より、ゲイだってことを何も隠す必要はないって思えるようになったのさ」

当然ながら多くの人は、カミングアウトをしようと決心するまでにかなりの時間を要します。でも勇気を出して一歩進めば、その瞬間に人生は大きく――それもたいていはいい方に――変わるのです。リンダ・ヴィラローサは大学進学を前に、自分の性指向(性的関心を感じる性別がどこに向くかということ)に確信が持てなくなりました。そのときすぐにその感情を突きつめようとしなかったのは、当時彼女は近隣の白人たちに溶け込もうと必死で、大多数が間違いだと思っていることをあえてしたくなかったからです。でも大学入学後、リンダは一歩を踏み出しました。「カミングアウトしたのは、本来の自分でいられないことに我慢できなくなったからよ」

大学卒業後、リンダは母親と連名で寄稿した『エッセンス』誌の中で、700万人の読者にカミングアウトをしました。ずばり「カミングアウト」というタイトルのこの記事は、『エッセンス』誌創刊以来、最大の反響を呼ぶことになります。後に彼女はこの雑誌の編集長となり、今では『ニューヨークタイムズ』紙に寄稿したり、“Body & Soul: The Black Women’s Guide to Physical Health and Emotional Well-Being”という本を出版したりしています。

多くのトランスジェンダーやトランスセクシュアルの人々がカミングアウトをするのも、自分本来の姿で生きるためです。「でも、ある種の人々にとっては、自分のセクシュアリティを公にするのにはいまだに危険が伴います」 と話すのは、作家であり活動家のジャミソン・グリーンです。「大切なのは、トランスの人々が適切な方法で周囲にカミングアウトをして、安心して他人と違う生き方ができることです」

「どんな環境の中でも安全に暮らせると思えること、そして当人が楽な気持ちになれることが大事なんです」 男性として暮らすトランスセクシュアルのジャミソンは言います。?「トランスだからといって、必ずカミングアウトをするべきだは限りません」 また、自分のジェンダーを周囲にどう表現すれば満足できるのか、本人が知ることも大切です。「トランスジェンダーの形は様々です。僕たちの中には、体と心のジェンダーのずれを修正して、『普通の』男性、または女性として生きたいだけだ、と思っている者もいます。その人の性指向がどうだろうと、それは問題じゃありません」

「中性的だった僕がゴツい男になっていくわけですから、気味悪がられたりバカにされたりするのは覚悟していました。でも実際は、こっちが驚くほどの支持を得たんです。それは、周囲が戸惑っていたときにも僕の気持ちは揺るがず、穏やかで、彼らの感情に理解を示したからです。しばらくは質問攻めでしたが、それにも我慢強く対応しました。だからみんなの態度も変わってきたのでしょう」

もうひとつ大事なのは、カミングアウトに年齢は関係ない、ということです。ティーンエージャーだろうと定年退職者だろうと、とにかく当人が「今だ」と感じればそれでいいのです。サポートネットワークや種々の情報は、あらゆる年齢のみなさんを対象にしています。ただ、若い頃のカミングアウトとはまた違う困難が生じることはあるかもしれません。過ぎゆく時の速さに改めて気づき、本当の自分を受け入れて幸せになりたい、という差し迫った気持ちから、中年になってカミングアウトをする人もいます。人生の前半を他人の期待に沿って生きてきたのなら、今度は自分自身の期待に沿って人生を楽しむ番です。

(翻訳・masae)

 

 

 

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy