Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

男性同性愛者・女性同性愛者の両方を指す‘ゲイ'という言葉は時代遅れ?
2005/12/04 17:37

(ワシントン D.C.)最近のインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙の記事によると、同紙が参照した一連の文献記事を調べた結果、‘ゲイ'という言葉はもはや男性同性愛者、女性同性愛者の両方を指す言葉としては適当ではないという。

例えば、メーン州で行われる住民投票に関する最近の記事。 AP通信は「同性愛者男女( homosexual men and women )に対して市民権を拡大に関する反対派は、州法−既に州知事の署名を経て法律として成立している−は‘同性愛者男女(gay men and lesbians)に同性結婚の門戸'を開きかねないと懸念を示している」と伝えている。

ニューヨーク・タイムズ紙はケニア(首都ナイロビ)の憲法改正に関する住民投票について「差別禁止条項が同性愛者男女(gay men and lesbian)を保護するものかどうかをめぐって、議論が分かれている」と報じる。

週末版インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載された記事は、なぜ‘ゲイ'という語が男性同性愛者、女性同性愛者の両方を指す言葉として用いられなくなっているかについて検証している。

「歴史的に、‘ゲイ'という語は、男性同性愛者と女性同性愛者の両方を指すものであったし、厳密に言えば現在もそうである」とヘラルド紙に話すのは、ワシントン・ブレード紙とニューヨーク・ブレード紙のクリス・クレイン編集者だ。クレイン氏は「しかし、女性同性愛者の多くは‘ゲイ'は男性同性愛者を強く連想させる語と感じ、‘ゲイ'という語の男性同性愛者イメージに自分たちが埋没してしまうのを防ぐため、‘レズビアン‘という語を別に使い出した」と続ける。

この傾向は「中傷に反対するゲイとレズビアン連合(the Gay and Lesbian Alliance Against Defamation)」や「ゲイ・アンド・レズビアン・タスク・フォース」などの団体名にも見られる。ワシントン・ブレード紙は1969年の設立当初、雄々しさを表す表現「ゲイ・ブレード」という紙名を用いた。サンフランシスコの女性同性愛者向け雑誌「カーブ」のダイアン・アンダーソン=ミンシャル代表編集者は、‘ゲイ'という形容詞が女性同性愛者を指さない語として普及しているということに同感だと言う。

アンダーソン=ミンシャル氏はヘラルド紙に対し次のように語った:「同性愛者の世界では、‘ゲイコミュニティー'と言うと多くの場合、その語は主にサンフランシスコのカストロ地区、又は西ハリウッド、‘クイア・アイ・フォー・ザ・ストレート・ガイ'などに登場する男性同性愛者を連想させる。同性愛者全体を指す際に‘レズビアン'という語を併用することは、女性同性愛者が同性愛者社会の単なる一部ではなく、個々のコミュニティーを構成する要素であることを示すものとして必要。私は、女性同性愛者を指す場合だけではなく、‘バイセクシュアル女性や、レズビアンであるトランスジェンダー女性'を包括する場合にも、元は蔑称である‘クイア(queer)'という語を用います。」

ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト ウィリアム・サファイア氏は、社説の中で「‘ホモセクシュアル'という語がセクシュアリティーに強調を置く語であるために、メディアは悪名高い程に、‘ホモセクシュアル'という語をとりわけ名詞として用いることについて臆病である」と話している。

1970年代というつい最近まで、アメリカ心理学会は‘ホモセクシュアル'という語を‘倒錯、精神病、刑法に触れる行為'と結び付けており、そのため‘ホモセクシュアル'という語にネガティヴな固定観念を残している。

>>インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙 HP
>>ワシントン・ブレード紙 HP

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧
ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy