Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

世界のHIV/AIDS感染者数が4,000万人を超える
2005/12/07 22:58

(ロンドン)国連によると、HIV感染は世界中で広がり続け、現在4,000万人以上がAIDSに感染していると見込まれ、一方で、 AIDS 予防活動が効果を上げ始めている国もある。

1981年に感染が初めて報告されて以来、2,500万人がAIDSで亡くなっており、AIDSは人類史上最も破壊力ある感染症の一つとされている。国連が公表した報告書によると、昨年のAIDSによる死亡者は310万人で、新たにHIV感染が見つかった人は490万人。

AIDSによる死者数と新たな感染者数は昨年とほぼ同じと見込まれ、HIV感染者総数は3,940万人。

一方で、国連エイズ合同計画(UNAIDS)ピーター・ピオット事務局長は「今回の研究で初めて、過去5年間のAIDS予防活動が効果を見せ始めたとの確証が得られた国がある」と話す。

過去には、セネガル、ウガンダ、タイなどで状況改善が見られたが、これらは例外的だった。

「現在、ケニア、カリブ海諸国とジンバブエでHIV感染割合における減少が見られる。HIV感染が深刻な南アフリカ地域で改善が見られたのは、ジンバブエが初めて」とピオット事務局長。

セーフセックスの呼びかけや、他のAIDS予防活動を重点的に行ってきた国々では、若者の間のHIV感染が減少している。

ピオット氏は「(ケニア、カリブ海諸国、ジンバブエでは)若者の初体験の年齢が上がり、同時に関係を持つパートナーの数が少なく、コンドーム使用率が高くなっている。このような傾向は東アフリカでも見られるが、その根拠が十分に明らかでないため、今回の調査報告では言及していない」とも話す。

ケニア都市部の妊娠女性の間で、最も劇的なAIDS流行減少が見られた。妊娠女性におけるHIV感染率が1999年には28%、2003年には9%にまで激減している地域もある。

ピオット氏によると、カリブ海地域で減少が見られたのは、バルバドス、バハマ、バミューダ。

ジンバブエの首都ハラレでは、妊娠女性のHIV感染率が、1999年の35%から、2004年には21%に減少している。

「私たちは重要な役割を担っていると強く思う」と話すのは、世界保健機関(WHO)HIV代表顧問ジム・キム氏だ。「みんなが、優勢な側についている。HIV対策の努力という点で、過去一年間だけを見ても、根本的な変化がみられると思う。新たな活力が存在する。その大部分は、昨今、発展途上国でHIV治療薬が入手可能になったことだ」と同氏は語る。

現在発展途上国では、100万人のHIV患者が治療中。その数は、治療を必要としている人のほんの一部に過ぎないが、治療薬が入手可能であるために、人々がHIV検査を受けることに意義を見出している点で、感染予防には大きな効果がある。報告によると、昨年、治療により30万人の命が救われている。

「可能な限り、私たちはそのエネルギーを予防活動にも注がなければならない」とキム氏は言う。

今年、これまでにおよそ80億ドルが発展途上国でのHIV対策に投入されている。昨年60億ドルが投入されたのに比べれば大きな増額だが、必要とされる額にはほど遠い。

UNAIDSは、来年90億ドルを支出予定だが、本来150億ドルが必要だと言う。

HIV/AIDSは、南部アフリカで増加し続け、東ヨーロッパ、中央アジア、東アジアでも広がっている。5年前、HIV新感染者の10人に1人がアジア人であったのに対し、今日ではその数値は、4〜5人に1人。

特にHIV/AIDS感染拡大が顕著なのは中国、パプアニューギニア、ベトナム。報告書は、パキスタンとインドネシアでも感染拡大の兆しがあると警告している。

報告書はまた、アジアでは、注射器を用いたドラッグ使用、アダルト産業が感染拡大に拍車をかけており、それらの行為の危険性について十分な情報を市民に提供している国は少ないとする。

世界規模では、HIV感染の危険性がある人のうち、基礎的予防サービスを受けられるのは5人に1人以下。HIV感染者のうち、HIV検査を受けて感染を知っているのは10人に1人だといわれる。
© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧
ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy