Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

ゲイの詩人、ウォルト・ホイットマンの偉業が賞賛される
2005/12/21 16:04

(ニューヘブン・コネチカット)ゲイの作家、ウォルト・ホイットマンの熱狂的な愛好家や学術研究者たちは、 大いに盛り上がっている。 社会的秩序と詩との境界を表現した作品で、12編の詩が収められた、ホイットマンによる「草の葉 (原題: Leaves of Grass )」が初版から150周年を迎えたからだ。

厳格なイギリス文化の構造を拒否することによって、ホイットマンは読者に対し良心における自由な精神を訴え、アメリカの詩文化に永久的な変化を吹き込んだと言われている。初版の1855年から1892年まで改訂と増補を繰り返しながら、本作品はアメリカを越え、学生の間では何百ページにも及ぶ大詩集として知られるようになった。

「最後の第九版は莫大なページで、実際ホイットマン自身が手がけたものではないものも含まれているが、詩とは純粋に肉付けされていくものであって、熱い空気のようなもの。わずか96ページしかなかったオリジナル版に戻っても、この詩集は素晴らしさで溢れている。」と伝記学者のジャスティン・カプラン氏は語る。

空前舞い降りたホイットマンの美しい詩を賞賛する者は国を越えて、学校の講義やリーディングパーティー、そしてブルックリン交響楽団による演奏の際にも瞑想と共に読まれ続けている。

「彼の作品は西洋文学における偉業である。」と話すのは、イエール大学の教授、文学評論家のハロルド・ブルーム氏。同氏は1855年初版の原書のコピー5枚を展示し、賛美している。「私が判断しかねる限り、これは現代のどんな言語を使っても最も重要で、力強い、美しい、そして偉大な作家が初めて残した産物だ。」と力説する。

現代では知れ渡っているが、自己出版であった初版には、ホイットマン自身の中に「大工の面影」が映し出されている。作家の芸術とは一般的に魂から生み出されるものとして、頭からのイメージを連想させる。それに対し、ホイットマンは職人工の作業着から始まった。専門家によれば、『草の葉』は彼の全身から来たものだという。

ホイットマンの作品冒頭は『I celebrate myself,』(要約 *1 : 世の中の複雑さや美しさを祝うと共に、自分(自身)の存在も祝う )で始まるが、その最初の3語が詩の一編、『Song of Myself』として知られるようになった。 またそれは発表してからたちまち論争が始まった。

「文学界の人々はセックスがあまりに率直で、文学には不適切すぎると考えていた。」と話すのは、フロリダにあるエッカード大学でホイットマンの研究をしているイヴァン・マーキ教授。「人々はホイットマンの作品を詩ではないと言った。当時彼等はヘンリー・ワッズワース・ロングフェローの作品に傾倒していた。」と同氏は述べる。

ホイットマンのセクシュアリティーにおける論議は長年にわたって酷評されてきた。1881年、地方検事がそれを猥褻だと捉えた後、作品は禁止された。

「彼の生涯において、本作はヘトロセクシュアルによる率直な風当たりによって咎められ、人々はそれが過度な同性愛者の作品であると気付かせなかったようだ。」

しかしながら、彼の文体がアメリカの詩文化に共鳴させる響きがあると実証され、エズラ・パウンド氏がホイットマンの1916編の詩『A Pact』を発表した。

「新しい木を倒したのは貴方でした。今はそれを刻むための時間です。」とパウンド氏は記した。

ビート世代の代表格であるアレン・ギンズバーグ(Allen Ginsberg)の叙情詩『吠える(原題: Howl)』では、ホイットマンの『Song of Myself』を思い出させる韻文で綴られていく。ギンズバーグはホイットマンの詩の一文を参照し、『 what howls restrain'd by decorum. (人類は感情という慣習の名の下で制約されているもの)』と記した、とマーキ氏は話す。

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy