Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

保守派優勢の米連邦裁判事構成
2006/03/10 23:59

(テキサス州ヒューストン)ヒューストン大学の政治学教授らが「ジョージ・ W ・ブッシュ大統領により任命された連邦裁判事らは、公民権、自由権に関して歴代の判事中、最も保守的である」とする調査結果『ジョージ・ W ・ブッシュ政権下の裁判所における判事の投票傾向:右派への傾き加減』を明らかにした。

ヒューストン大学で政治学を研究するロバート・カープ教授は「ブッシュ大統領により指名された判事らは、公民権と自由権分野において、ロナルド・レーガン大統領、現大統領の父であるジョージ・ H ・ W ・ブッシュ大統領により任命された判事らに比べても極めて保守的」と話す。

公民権・自由権分野に関する判決数を比較すると、ブッシュ政権下での裁判所は、レーガン政権下、前ブッシュ政権下での裁判所より5%高い割合で保守的。

「 ‘ 自由主義派 ' とされる判事らは、一般的に、中絶選択権、同性愛者・女性・少数者の権利や表現の自由を拡大する判決を支持する一方、 ‘ 保守派 ' とされる判事らは、これらの権利を制限する傾向がある。」(カープ教授)

前回2004年8月に行われた同様の研究でカープ教授と研究チームは、ブッシュ氏が再選された場合、連邦裁判所が急速に保守派に傾くことを予測。当時、研究チームによると、ブッシュ政権下の裁判所は、公民権・自由権に関する判決の27.9%においてリベラルな傾向を示したが、その割合は27.2%に減少している。総体的に見ると、ブッシュ政権下の裁判所によるリベラル傾向の判決は全体のおよそ33% 。ジョンソン政権、カーター政権、クリントン政権では、それぞれ52% 、51%、44%だった。現大統領の共和党選出前任者である、ニクソン、フォード、レーガン、ブッシュ大統領では、それぞれ38%、43%、36%、37%。現ブッシュ政権下判事らによる27.9%という数字は、保守主義レベルが “ 数値表 ” から飛び出してしまう程ではないものの、右派寄りであることは明らか。

研究班を率いたカープ教授は次のように話す:「私たちの研究により判明したことは非常に重要。なぜなら、一般的に、レーガン政権下の連邦裁判所が歴代で最も保守的と信じられているにも関わらず、現実には、ジョージ・ W ・ブッシュ政権下の裁判所の方が保守的であることが分かったのだから。アリート判事の最高裁判事就任により連邦最高裁はより保守に傾き、政策に関わりある上訴裁判事をブッシュ大統領が今後も指名することを考えると、連邦裁判所は、今日から3年間でより保守傾向を強めると予想される」

アリート判事は1月最終日、上院本会議にて賛成58、反対42で、連邦最高裁110人目の判事として承認されている。アリート判事は、中絶、積極的是正措置、死刑などの問題に関し重要な位置を占めていた中道派のサンドラ・デイ・オコーナー判事の後任として就任し「アリート氏の就任により連邦最高裁が保守傾向を強める」とする見方が大半。

カープ教授による研究で、ブッシュ大統領が指名した民族的少数派、女性の判事らは、同大統領が指名した白人男性の判事よりも幾分かリベラルであることも分かっている。

初期の研究では、ブッシュ政権下の判事らの労働・経済規制分野における投票傾向はかなり穏やかなものであった。膨大な資料を参考に行われた最新の研究では、現在の判事らが同じ労働・経済規制分野において非常に保守的な投票傾向を示しており、もはや “ 穏やかな、穏健的 ” 投票傾向を示しているとは射得なくなっていることが分かる。

連邦上訴裁に関する研究結果は、1933年から2005年までの、1,800人の判事による750,000以上の判決意見から構成されるデーターベースに基づいて作成されたもの。参照された判決意見のうち795の判決は、ジョージ・ W ・ブッシュ大統領により指名された判事らにより提出されたもの。

分析は、カープ教授と、政治学者ケネス・ L ・マニング氏により行われた。研究結果は、7月にも発表される『アメリカ政治の原則と現実:古典・現代読本 第三版( Principles and Practice of American Politics: Classic and Contemporary Readings, Third Edition )』に掲載予定。
© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy