Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

シカゴ:地元開催のゲイ・ゲームズを待ちわびる人々
2006/03/15 20:30

(アメリカ)昨年秋にパリへ旅行に行ったエルデン・スティールとボーイフレンドのジェフ・バウアーは、手を繋いで街を歩くゲイカップルに対するパリっ子たちの“無関心っぷり”に感心させられたという。「手を繋いで歩いている僕達を見ても顔色ひとつ変えないんだよ」と、エルデンはインタビューに答えて言った。

ゲイカップルが手を繋いで街を歩くなんて、アメリカではまだまだご法度。だが、エルデンはこの夏、シカゴで行われるゲイ・ゲームズを楽しみにしている。「大会が開催されている間なら、5分おきに周りの視線をチェックしなくても手を繋いで歩けるじゃないか」とエルデンは話す。エルデンとジェフは共にシカゴ在住。ジェフは水泳競技に参加するという。

ゲイ・ゲームズは1982年、サンフランシスコで初めて開催された。当初の名前は『ゲイ・オリンピック』だったが、国際オリンピック委員会と米国オリンピック委員会から“オリンピック”という言葉を使わないよう圧力がかかり、現在の名前に変更された経緯がある。名前は変更されたものの、ゲイ・ゲームズはオリンピックさながら4年ごとに開催されている。これまでにゲイ・ゲームズを招致した都市は、ニューヨーク、バンクーバー、アムステルダム、シドニーの計4都市。

シカゴ大会の副委員長を務めるケヴィン・ボイヤー氏は、“参加すること、性的指向の壁を取り払うこと、そして自己ベストを追求すること”に意義があると話す。「ゲイ・ゲームズは参加者全ての為にあります。ほとんどの参加者がベストを尽くすためにシカゴにやって来ますが、必ずしも“ベストを尽くす=優勝する”ではないのです。“全力で戦って自己ベストの記録を作る”でもいいのです」

ほぼ全ての競技に年齢枠が設定されることになっており、ストレートの競技者も招待されている。2002年のシドニー大会では参加者のおよそ6%がストレートだったという。

シカゴでゲイ・ゲームズが開催されることは、アメリカ中西部に住む競技者にとって大変魅力的だとボイヤー氏は話す。「彼らにとって、このゲイ・ゲームズへの参加が国際レベルの大会に参加する一生に一度の機会かもしれません」

ウィスコンシン州マディソンに住むカレン・コームズは、今度のシカゴ大会が3度目のゲイ・ゲームズ参加となる。大会に参加する女性サッカーチームの設立に尽力した彼女は、高速道路でちょっと走ったところで大会が開催されることにとてもハッピーだという。「中西部に拠点を置くたくさんのチームが簡単に大会に参加できるし、何よりも自分の家の裏庭で大会が開催されているような感覚で参加できるのが素晴らしいわ。こんな貴重な機会を見過ごすなんてもったいない。すごく楽しみにしているの」

カレンは20歳だった1994年、サッカーチーム『ボヴァイン・ベイブズ』の一員としてニューヨークで開催されたゲイ・ゲームズに初めて参加した。ボヴァイン・ベイブズは1998年アムステルダム大会にも参加した。彼女は、開会式でゲイアスリートとサポーターで埋め尽くされたコロンビア大学の巨大なスタジアムを目の当たりにした時の感動を今でも忘れられないという。「その瞬間まで、そんなにたくさんのゲイの人々が存在するなんて知らなかったの。すごく勇気付けられたのを覚えているわ」

今大会の開会式は、シカゴ・ベアーズ(NHL)の本拠地ソルジャー・フィールドで、また閉会式はシカゴ・カブス(メジャーリーグ)の本拠地リグレー・フィールドで開催される予定。開・閉会式両方に入場できるチケットは既に発売が開始されている。

今大会はテニス、ソフトボール、ゴルフ、バレーボール、ボディービルディング、水泳、陸上競技など、計30種類が行われる。参加者は、“順位を競うための参加”か“楽しむためだけの参加”かを選ぶことができる。大会期間中は、芸術祭、バンドや合唱団の演奏、パーティーなども連日催される予定だ。

全ての競技は“競技村”と呼ばれる5つのグループに分けられ、シカゴ周辺の各地に配置される。そのうち3つの競技村はそれぞれノースウェスタン大学、シカゴ大学、イリノイ州立大学の近くに、“レークフロント村”はミシガン湖々畔に広がるニュー・ミレニアム・パークからベルモント・パークにかけてのエリアに配置される。ボイヤー氏によると、競技村から競技村への移動は電車で簡単にできるという。

シカゴ大会には、70以上の国と地域から約12000人の参加者が見込まれている。そのうち8000人は既に登録済みだ。人気競技であるゴルフとセーリングは早い段階で定員に達してしまったという。その他アイスホッケーなどが間もなく定員に達しそうだとの事。登録は4月15日をもって一度終了する。その後もいくつかの競技は登録が可能だが、通常の登録料175ドルに加え、20ドルの遅延料が上乗せされる。

カレンとエルデンをはじめ数名が、マディソンからの競技参加者とサポーターの募集活動を行っている。エルデンと友人のトラヴィス・グリーンは3月上旬に、『チーム・ウィスコンシン』に加わることに興味を持つ仲間達の為に“出会いと歓迎”パーティーを計画している。チーム・ウィスコンシン結成の目的は、スタンドで仲間達に声援を送ることと、一人で大会に参加するウィスコンシンの住民に“仲間が見守っている安心感”を与えるためだという。エルデンは「僕達はウィスコンシンの仲間達の間でいいネットワークを築きたいんだ」と話す。

同州ヴェローナに住むグラント・ウェストフォールは自らの意思で大会参加を決めた。オリンピックと同じ距離で争われるトライアスロンに登録したグラントは、性的指向を気にする必要のない環境でスポーツができることを楽しみにしているという。「ゲイ・ゲームズは“ゲイ”という小さなサブカルチャーに生きる僕達が一堂に集まることができる素晴らしい機会だと思うんだ。世界中から集まってくる仲間達と絆を深め合える機会でもあるしね」

第7回ゲイ・ゲームズ・シカゴ大会は、7月15日〜22日にかけて開催される。

>>大会公式ホームページ

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy