Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

調査:複数の兄を持つ男性はゲイになる傾向
2006/06/30 05:37

(アメリカ/ワシントン) 「複数の兄を持つ男性は同性愛者になる傾向が高くなる。」研究者たちは今回発表された結果が性的指向の決定が生物学的要因によるものだという説の重みを増すことになったと語る。

「それは胎児期の影響によるものと考えられる。今回の調査、また他の調査結果でも同性愛という性的指向は生物学的な要因をもつと言えるだろう。」カナダ、ブロック大学のアンソニー・ F ・ボガート氏はそう語る。

今回の調査に参加していないミシガン州立大学のS ・マーク・ブリードラブ氏は今回の調査について次のように述べた。「今回の調査は(同性愛が)肉体的な要因によるものだということを証明している。当初の推測は兄たちが社会的な影響を与えるというものだったのだろうが、今回の調査結果はそれを示していない。義理の兄弟の間では影響が見られなかったことからも、兄弟間のつながりは母親にあり、母親を通して影響が与えられたと考えるのが妥当だ。」

ボガート氏は944人のカナダ人男性を兄弟・姉妹の数によって分類し、4つのグループを作った。その分類には兄弟・姉妹と共に暮らしているか、また実の兄弟なのか、義理の兄弟なのかは考慮に入れられていない。

ボガート氏はその調査の結果、「複数の生物学的な兄をもつ男性は同性愛者になる傾向が強まる。」と発表した。「1人の兄を持つ人にも同様な結果が見られたが、3人以上の兄を持つ人はさらにその傾向が強まる。この調査結果は全男性における同性愛男性の割合=約3%とあわせ見る必要があり、複数の兄を持つ人に限定してみた場合、その割合は3−5%になる。が一方で、この結果は95%の複数の兄を持つ人が異性愛者であるということも示している。」と、ボガート氏は電話でのインタビューで答えた。

生まれる順番が同性愛に与える影響は以前から報告されてきたが、ボガート氏の研究は社会的な影響や環境の影響を除外して行われた初めての調査となった。

ボガート氏は生物学的な兄たちを持つ人と義理の兄たちを持つ人を比べることで、同性愛という性的指向が生物学的な原因によるものだと結論付けている。同性愛者になる傾向が強まるという調査結果は、同じ母から生まれた兄たちを持つに人にだけ見られ、共に育てられたかどうかは関係なかった。また義理の兄たちと一緒に育てられた男性にはそのような傾向は見られなかったと、ボガート氏は報告している。「つまり育てられた環境というのは、セクシャリティに関しては大した違いを生まないということだ。違いを生むのは同じ子宮で、同じ形成段階を経た兄弟をもつということで、それは同性愛がなんらかの出生前の要因によるものだということを示している。」ボガート氏はそう語った。

ひとつの可能性として、母体の免疫システムが男性胎児に影響を与えているのかもしれないとボガート氏は推察している。「母体の免疫システムは男性胎児を異質なものとして捉え、反応するかもしれない。女性胎児の場合、母体もまた女性であることから反応しないのではないか。」これは Rh- の血液型の母親が Rh+ の胎児を妊娠したときに起こる免疫システムの反応に似ていると考えられる。治療をしなかった場合、その母親は将来の妊娠において胎児を攻撃する可能性のある抗体をつくりだすことがある。

「なにが起こっているかはまだ不明だが、その仮説はかなり刺激的だ。」とブリードラブ氏とミシガン州立大学の同僚による論評は述べている。
© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

 

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy