Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

中野区議候補 石坂わたる氏に聞く
2007/03/25 12:30

(日本)ゲイジャパンニュースでは4月の統一地方選で中野区議に、同性愛者であることを公にして立候補を予定している石坂わたる氏(無所属・新人)にインタビューを行った。

石坂氏は東京都大田区出身の30歳。大学で発達障害教育を学び、現在は養護学校教諭として勤務。その一方で東京メトロポリタンゲイフォーラム共同代表として、政治家にアンケートを行うなどの活動を行ってきた。 その石坂氏に今回立候補を決意した経緯や当選後の抱負等を伺った。(以下質問はゲイジャパンニュース、回答は石坂氏。回答は要約。)

Q.いつカミングアウトをされましたか?

A.17歳の時に好きな人(同性)ができ、その人に自分の性的指向を告白し、思いを告げたことがきっかけになった。そのときの自分にとって、それが一番高いハードルに思えた。だから信頼している友人達にも本当のことを告げようと考えた。当時友人達との会話、たとえば、たわいもない恋愛話などにうまく参加できないことにギャップを感じており、セクシャリティに関係なく、
友達として付き合っていきたいと思っているのに、自分から壁を作っていることに違和感を感じていた。だから好きなこと人に告白するという一番高いハードルを越えたと感じていた自分は、信頼する友人達との一線を越えられた。その後、家族にゲイ雑誌を発見され、家族にもカミングアウトすることになった。

Q.カミングアウトしたときの周囲の反応はいかがでしたか?

A.友人達は最初は驚いていた。しかし理解を示してくれて、友人関係はいまだに変わらずにいる。逆にカミングアウトしていない友達とのつながりは、現在では希薄になってしまっている。
 また家族は最初にカミングアウトしたときは、『(同性愛者であることを)否定して欲しい』と感じていたようだが、いまでは理解してくれており、今回同性愛者であることを公表して選挙に挑戦することも理解してくれている。

Q.出馬を決めた最も大きな理由は何ですか?また、当選後にはどのようなことがしたいですか??

A.一つは東京メトロポリタンゲイフォーラムの活動を通じて感じた現状への危機感。 東京メトロポリタンゲイフォーラムでは政治家に対してアンケート調査を実施しているが、以前は回答をくれていた政党や政治家が、回答すること自体を拒否したり、教育の中でセクシャリティに対する肯定的な意見をくれなくなっている。 以前中野区議に対してアンケートを行ったときも、新宿等のゲイが多いと思われる地域に比べてアンケートの回答率が低下傾向が大きいと感じた。
『多様化』というキーワードが、社会の右傾化に伴って、重視されなくなってきているのではないかと感じている。
 もう一つは、昨年起きた新木場での暴行事件。加害者が少年ということで愕然とした。幼いころからの教育が適切に行われていれば、こんな事件は起こらないのではないかという思いが強い。教育に携わってきたものとしても、性や偏見といったことに対する教育の重要性は強く感じている。
 もし自分が中野区議として働くことができれば、マイノリティの声を行政に届ける橋渡しができるのではないかと思う。新木場の事件では都の総務局人権部は対応するものの、都の教育委員会は話を聞くこともできないといった対応だった。中野区議として、東京都を構成するメンバーとして、その辺の対応を変えていけるのではないかと考えている。区民が人権等の要望書を出したいといったときに、受け皿になりたいと考えている。
 またLGBTの問題だけではなく、日本のシステムにも問題がある。たとえば、医療の問題。日本では、男女間で結婚し、子育てをして、親が老いたら子どもが面倒を見る。このシステムは、今日本で家族として認められる以外の人が、医療や治療に対する意思決定に参加することを、非常に難しくしている。パートナーを持つ人でも、単身で暮らしている人にとっても、多様なライフスタイルを受け入れられる社会にしていきたい。

Q.カミングアウトをして出馬することに困難なこと、または有利なことなどはありましたか?

A.街頭活動をしていると時間帯によって、反応が大きく異なる。通勤時間帯など、ストレート男性が多いときは、反応は冷たい。が、一方で日中時間帯のように、主婦が多いときは興味を持って聞いてくれることが多い。中には、同性愛者が抱えている問題が、独身女性の抱えている問題と共通点が多いといってくれる人もいる。

Q.なぜ、日本のLGBT当事者やLGBT市場・経済は、海外に比べて静寂を保っていると思われますか?

A.一つには日本には同性愛=罪という意識がないことがあると思う。つまり隠れている限り、いやな思いをしないで済むということ。もう一つは最近まで同性愛者の権利活動をしている人たちと、新宿2丁目などのゲイタウンに来る人たちとの接点が少なかったということがあげられるのではないか。ゲイに限らず日本人の中に政治活動をすることが、かっこ悪い、そんなことはしないほうがスマートだという雰囲気があるように思う。

Q.日本のLGBTコミュニティー全体に対してどのような未来を予想していますか?

A.今東京は2014年のオリンピックを誘致しようとしている。しかしオリンピックを誘致して経済活動を活性化できるのであれば、たとえばゲイゲームスなどのイベントを誘致しても、同じ様に経済の活性化を見込めるはずだ。世界の先進国(ロシアを除いたG8各国)の中でそういうイベントが行われていないのは、日本だけ。日本でそういうイベントを出来るよう、情報を発信して、体制を作っていきたい。

Q.日本のLGBTコミュニティーやLGBT権利をより良くするには、今どのようなことが必要だと考えていますか?

A.一人ひとりが普段の生活の中で、不便なことや、理不尽だと感じることを伝えていくこと、一人ひとりの声を上げていくこと、上げられる環境を作っていくことが大切。 自治体への手紙やメール、陳情といった形で、それらの声を行政に伝え、蓄積していくことによって、行政は初めて動く。そのときに自分の様な当事者の議員がいれば、その声の仲介者になれるのではないかと考えている。

Q.有権者、LGBTに対してメッセージがありましたらお願いします。

A.セクシャリティに関係なく、まずすべての人にマイノリティの存在を身近に考えていただきたい。生活の中でいろんなマイノリティ、たとえば性的マイノリティもそうだし、異なる人種の人、障害を持つ人がいるが、多くの人が「あの人、変」というところで思考が停止してしまっているように感じる。そこから「あの人はどういう人なんだろう。」と考えることが最初の一歩だと思う。
マイノリティは「自分以外の誰か」ではない。誰にでも事故や病気等で障害を持つ可能性があるし、自分の子どもや身近な人が同性愛者である可能性だって少なくない。誰でもマイノリティになる可能性があるということを考え、すべての人が安心して生きていける社会について考えてもらいたい。
また、LGBTのみなさんには、人それぞれいろんなハードルがあることとは思うが、それを恐れることなく、一緒に生きていきましょうと伝えたい。

Q.家族、パートナーに対して、メッセージなどがございましたらお願い致します。

A.立候補できる環境を作ってくれたことにありがとうと言いたい。

>>石坂わたると多様性のある中野を作る会

 

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy