Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

性の権利とジェンダー・イクオリティ定めた「ジョグジャカルタ原則」が明らかに
2007/04/06 20:00

(スイス/ジュネーブ)先月26日、スイスのジュネーブで、29人の国際人権専門家らにより採択された、性的指向や性自認と国際法に関する原則を定めた「ジョグジャカルタ原則」が公表された。
  「ジョグジャカルタ原則」は、基本的人権とジェンダー・イクオリティの達成にとって、大きな意義を持つものとして注目される。 ジョグジャカルタ原則(正式名称:性的指向と性自認の問題に対する国際法の適用に関するジョグジャカルタ原則)は、昨年11月、インドネシアのジョグジャカルタで国際法専門家らによる会議において採択された。同原則は29の原則からなり、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人びとに対する暴力や虐待、差別を根絶し、平等を確保するために、政府やその他の主体がどのように取り組むべきかに関する法的基準を示す。
  ジョグジャカルタ原則について、アメリカに拠点を置く国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」でLGBT権利プログラムを担当するスコット・ロング氏は、「権利を否定され、尊厳を傷つけられることの多い人びとについて、各国政府がどのような取り組みをすべきかに関して、基礎的基準を確立するもの」と評価し、「法律や判例において強固に根付いているのは、人権には例外がないという考え方」と加えた。 ジョグジャカルタ原則には、元国連人権高等弁務官や各国の判事、活動家、研究者らが署名。同原則は、先月26日、昨年12月に54カ国が「性的指向と性自認に基づく人権侵害非難声明」を採択したのと同じ国連人権理事会のセッションで公表された。(関連記事)(翻訳・編集 山下梓)

性的指向と性別自認の問題に対する国際法の適用に関するジョグジャカルタ原則 (ジョグジャカルタ原則 2006年11月採択)

ダウンロード

原則1 人権の普遍的享受
すべて人は、生まれながらにして、尊厳と権利において自由で平等です。あらゆる性的指向や性別自認の人々が、すべての人権を完全に享受する権利を有しています。

原則2 平等・差別されない権利
すべて人は、性的指向や性別自認を理由とした差別を受けることなく、すべての人権を享受する権利を有しています。すべて人は、別の人権の享受に影響がある場合でも、ない場合でも、そのような差別を受けず、法の前に平等であり、法の平等な保護を享受する権利を有します。法律は、そのような差別を禁止し、あらゆる人に対し、そのような差別からの平等かつ有効な保護を保障しなければなりません。性的指向または性別自認を理由とした差別とは、すべての人権や基本的自由について、法の前の平等や法による平等な保護、承認、享受、行使を無効にしたり損なったりする意図や効果を伴う、性的指向または性別自認を理由としたあらゆる区別、排除、制限または優先を含みます。性的指向や性別自認を理由とした差別は、性別や人種、宗教、障害、健康、経済的地位を含むその他の事由を理由とした差別と関連していることがあります。

原則3 法の前に認められること
すべて人は、いかなる場所にいても、法の前に、人として認められる権利を有しています。多様な性的指向や性別自認の人々は、生活のあらゆる場面において、法的能力を享受します。自らが定める各人の性的指向や性別自認は、その個人の人格にとって欠かすことができないものであり、自己決定、尊厳および自由のもっとも基本的側面です。いかなる人も、性別自認の法的承認の条件として、性別適合手術や去勢、ホルモン療法を含む医療的措置を強要されません。婚姻や親子関係等の地位が、個人の性別自認の法的承認を妨げることがあってはなりません。いかなる人でも、自己の性的指向や性別自認を隠したり、抑えたり、否定するような圧力の対象としてはなりません。

原則4 生命に対する権利
すべて人は、生命に対する権利を有しています。いかなる人も、性的指向や性別自認によって恣意的に生命を奪われません。いかなる人も、合意年齢以上の個人間の合意にもとづく性的行為や、性的指向または性別自認を理由として死刑にされません。

原則5 人としての安全に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、人としての安全に対する権利と、政府関係者が扇動したものであれ、あるいは個人や集団によるものであれ、暴力や身体的危険からの国家による保護を受ける権利を有しています。

原則6 プライバシーの権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、家族や家、通信に関することを含めて、恣意的または不当な介入を受けずにプライバシーを享受する権利と、個人の名誉や評判に関する不当な介入から保護を受ける権利を有しています。プライバシーの権利とは、通常、個人の性的指向や性別自認に関する情報を明らかにしたり、あるいはしないという選択や、自己の体や合意による性的あるいは他者との関係に関する決定や選択を含みます。

原則7 生命の恣意的奪取からの自由
いかなる人も、恣意的逮捕や拘束の対象とされません。性的指向や性別自認にもとづく逮捕や拘束は、裁判所の命令によるものでなければ、恣意的です。逮捕されたすべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、平等を基礎として、逮捕理由や告発の性質を知らされ、あるいは迅速に司法官の前に出され、拘束が適法であるかあるいは告発された罪について有罪かどうかを裁判手続によって決められる権利を有しています。

原則8 公正な裁判に対する権利
すべて人は、自身に対する訴訟や刑事訴追における権利や義務の決定において、性的指向や性別自認にもとづく偏見や差別なく、適格かつ独立し、公平な裁判による裁判や広聴の権利を有しています。

原則9 拘留中に人道的取扱いを 受ける権利
自由を奪われたいかなる人も、人道的かつ人の生まれながらの尊厳に対する尊重を持った取扱いを受けます。性的指向や性別自認は、人の尊厳にとって不可欠です。

原則10 拷問や残虐、非人道的あるいは品位をおとしめるような取扱いあるいは処罰からの自由に対する権利
すべて人は、性的指向あるいは性別自認に関する理由によるものを含めて、拷問や残虐、非人道的あるいは品位をおとしめるような取扱いあるいは処罰からの自由に対する権利を有しています。

原則11 あらゆる形態の搾取、人身の売買や取引からの保護に対する権利
すべて人は、実際のあるいは推測される性的指向や性別自認を理由とするものも含む(しかし、それに限定されない)人身取引、売買、あらゆる形態の搾取から保護されます。人身取引を防止することを意図した措置は、実際のあるいは推測される性的指向や性別自認、これらやその他アイデンティティの表現を理由としたさまざまな形態の不平等や差別を含む、脆弱性を高めるような要素に取り組むものでなければなりません。そのような措置は、人身取引の危険にさらされている人々の人権と矛盾するものであってはなりません。

原則12 労働の権利
すべて人は、適切かつ生産的な労働の権利と、公正で好ましい労働条件に対する権利、また、性的指向や性別自認による差別を受けることなく失業からの保護を受ける権利を有しています。

原則13 社会保障とその他社会的保護措置を受ける権利
すべて人は、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、社会保障やその他の社会的保護措置を受ける権利を有しています。

原則14 適切な生活水準に対する権利
すべて人は、十分な食糧や安全な飲み水、適切な衛生状態や衣類を含む適切な生活水準に対する権利と、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、生活水準を持続的に改善することに対する権利を有しています。

原則15 適切な住居に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、強制退去からの保護を含む適切な住居に対する権利を有しています。

原則16 教育を受ける権利
すべて人は、性的指向や性別自認を理由としたり、あるいは性的指向や性別自認を考慮に入れた差別を受けることなく、教育を受ける権利を有しています。

原則17 到達可能な最高水準の 健康に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、到達可能な最高水準の身体的および精神的健康に対する権利を有しています。 性的および生殖に関する健康は、この権利の 根本的側面です。

原則18 医療的暴力からの保護
いかなる人も、性的指向や性別自認を理由として、どんな医療あるいは心理的治療や手続、検査、または医療施設への拘束を強要されません。あらゆる分類に関わらず、性的指向や性別自認それ自体あるいは個人の性的指向や性別自認は、医療的状態ではなく、治療、治癒あるいは鎮静を必要としません。

原則19 意見および表現の自由に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、意見や表現の自由を有しています。これは、発言や振る舞い、服装や身体的特徴、名前の選択や、その他の方法によってアイデンティティや自己を表現したり、あらゆる媒体をとおして制限なく、人権や性的指向および性別自認に関するものを含むあらゆる種類の情報や考えを探したり、受け取ったり、共有する自由を含みます。

原則20 平和的集会および結社の自由に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、平和的抗議の目的を含めて、平和的集会や 結社の自由に対する権利を有しています。 人は、差別を受けることなく、性的指向や性別自認に関する団体や、多様な性的指向や性別自認の人に関する情報を頒布(はんぷ)したり、やりとりを調整したり、権利を支持するような団体をつくったり承認されることができます。

原則21 考え、良心、宗教の自由に対する権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、考えや良心、宗教の自由を有しています。
これらの権利は、性的指向や性別自認を理由として、平等な法的保護を拒否したり、あるいは差別するような法律、政策または慣習を国家が正当化するために援用されてはなりません。

原則22 移動の自由に対する権利
すべて合法的に国家にとどまっている者は、性的指向や性別自認に関わらず、その国家の境界内において移動または居住する自由に対する権利を有しています。性的指向や性別自認が、自国を含む個人のある国家からあるいはある国家への入国、通行、出国を制限したり妨げる理由として使われることがあってはなりません。

原則23 難民庇護を受ける権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関する迫害を含む迫害を免れて、他の国で難民庇護を求めたり享受する権利を有しています。国家は、性的指向や性別自認により拷問や訴追、その他の残虐あるいは非人道的または品位をおとしめるような取扱いや処罰について十分な根拠のある恐れがある個人を、移動、強制退去あるいは強制送還してはならなりません。

原則24 家族を持つ権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、家族を持つ権利を有しています。家族の形態は、多様です。いかなる家族も、家族の誰かの性的指向や性別自認を理由として差別されることは認められません。

原則25 公的生活に参加する権利
すべて市民は、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、選挙により選ばれる職に立候補する権利を含む公的事項に参加する権利と、個人の福祉に影響をおよぼす政策の策定に参加する権利、および、警察や軍隊を含むあらゆるレベルの公的職務に平等にアクセスし、または雇用される権利を有しています。

原則26 文化的生活に参加する権利
すべて人は、性的指向や性別自認に関わらず、文化的生活に自由に参加したり、文化的参加をとおして性的指向や性別自認の多様性を表現する権利を有しています。

原則27 人権を促進する権利
すべて人は、個人であれ他者との関係においてであれ、国内あるいは国際的レベルにおいて、性的指向や性別自認による差別を受けることなく、人権の保護や実現を促進する権利を有しています。これは、多様な性的指向や性別自認の個人の権利を促進したり保護しようとする活動や、新たな人権の基準を発展させたり議論する権利や、その受容を推し進める権利も含みます。

原則28 実効的救済や保障に 対する権利
性的指向や性別自認による侵害を含むあらゆる人権侵害の被害者は、実効的で十分かつ適切な救済を受ける権利を有しています。多様な性的指向や性別自認の人々に対する補償の提供や、十分な前進の確保を目的とした措置は、実効的救済と保障を受ける権利において、欠かすことができません。 原則29 問責 本原則に盛り込まれた権利を含む人権が侵害された人は誰でも、侵害の深刻さに応じて、政府関係者あるいはそれ以外の者であっても、その侵害に直接的あるいは間接的に関わる者の責任を問うことができます。性的指向あるいは性別自認に関する人権侵害の加害者は、いかなる場合であっても免責されません。

訳 ゲイジャパンニュース 山下 梓


※「ジョグジャカルタ原則」全文(英語、アラビア語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語)は、ジョグジャカルタ原則のホームページ(http://yogyakartaprinciples.org)で見ることができます。

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy