Home
News
Blogs
Info
BBS
Photos
Equality
 
メニュー

News
ニュース一覧
Googleニュース
ブログ一覧

Information
 インフォメーション
 イベントカレンダー

Message Board
 掲示板

Events
 アウトドアパーティー
 ゲイスキーウィークエンド

Travel
 シティーガイド
 各国の法律

Recommendations

 ゲイバー&クラブ
 映画・DVD
 ウエディング
 英会話レッスン

Column

 コラム一覧
 
カミングアウト

Photos

 ウェブアルバム
 各国のプライドパレード

Horoscope
 占い

Dictionary

 同性愛用語辞典

Mail Magazine
 メールマガジン登録

News Bar
 ライントピックス設置

Equality
 設立趣旨

Consulting
 コンサルティング

GayJapanNews
 GayJapanNewsについて
 ボランティアスタッフ募集
 プライバシーポリシー
 お問い合わせ

Translation
 English(英語)
 Korean(韓国語)
 Chinese(中国語)
 English Index Page
 

 
LGBIT関連

LGBIT Sites
GIX
Men's mix
Men's Net Japan
SuperBoysClub
Jguy USguy
Kiss Japan
Lesbian Index
PAF NIGHT
PAF SCHOOL
Bravissima!
LOVE PIECE CLUB
All About
ビデオメーカー
LINKS

News
STAGPASS
Badi.jp
RainbowNetJapan
Googleニュース
 

ニュース

イギリス イラン人レズビアン強制送還の恐れ、ゲイ男性も
2008/03/08 01:47

イギリスに亡命したイラン人レズビアンが再び、そして新たにイラン人ゲイ男性も、本国への強制送還の可能性に直面している。7日、インディペンデント紙(電子版)などが伝えた。

強制送還の恐れに直面しているのは、イラン出身でレズビアンのペガー・エマンバクシュさん(40)と、同じくイラン出身でゲイのメディ・カゼミさん(19)。

エマンバクシュさんは2005年、同性パートナーが性的指向を理由に逮捕・死刑判決を受けた後、身の危険を感じ、イランを離れイギリスへ渡った。エマンバクシュさんの父親は、エマンバクシュさんの渡航後、エマンバクシュさんの居場所などについてイラン当局の取り調べを受け、拷問された。(関連記事

イギリス政府は昨年夏、エマンバクシュさんをイランに強制送還する予定だったが、イタリアや日本を含む各国のLGBT権利団体・個人からの反対が強まり、延期。エマンバクシュさんはシェフィールドにある施設に収容され、再度難民申請を行っていた。

しかし、上訴裁判所はエマンバクシュさんの難民申請を再び却下。エマンバクシュさんの代理人が6日明らかにしたところによると、エマンバクシュさんは裁判所の決定に「非常に失望している」といい、「絶対に、絶対に(イランには)帰らない。帰ったら、きっと殺される」と話しているという。

エマンバクシュさんは、司法審査を求めて高等裁判所へ上訴する見通し。

ゲイのメディ・カゼミさん(19)は2004年、語学留学のためロンドンへ渡った。しかし留学生活を始めて約2年経ったところで、イランに残したパートナーが同性愛の罪で警察当局に逮捕・処刑されたことを知った。

テヘランで暮らす父親との電話で、パートナーが処刑前に当局の取調べを受け、その中でカゼミさんとの関係を漏らしていたことを知った。そのため、自身もイランに戻れば処刑されると考え、イギリスで難民申請。

しかし2007年、申請は却下。その後、カゼミさんは、イギリス政府による強制送還を恐れ、現在収容されているオランダへ向かった。

カゼミさんの身柄をめぐっては、現在、オランダの裁判所がイギリスへの送還の是非を審理中。今月中にも判断を下すものとみられているが、オランダ政府が身柄をイギリスに移すことを決めれば、カゼミさんはイギリス政府によりイランへ強制送還される可能性がある。

イギリスでは、60人を超える国会議員が、性的指向を理由に難民申請を行っている同性愛者が国内に数十人はいることを指摘した上で、ゴードン・ブラウン首相に対し、カゼミさんの強制送還について決定を保留するよう要請。

欧州議会で同性愛者の権利にかんする委員会に所属するバロネス・ラドフォード議員は、「迫害の本当の教父、強制送還された場合にカゼミさんが直面する死刑(という危険性)について認識し、理解しなければならない」と訴え、カゼミさんの身柄取り扱いについて緊急に見直しを行うよう、ジャッキー・スミス内相に要望書を提出している。

イギリス内務省は、エマンバクシュさん・カゼミさんいずれのケースについても、「イランが同性愛に対して慎重であることが事実だとしても、処刑することはない」との姿勢をとっている。

これに対し、難民申請を行う同性愛者のための支援団体「Gay Asylum UK」のオマル・カッダスさんは、イラン人同性愛者らが「同性愛の罪」により実際に処刑されていることを指摘した上で、イギリス政府に対し、性的指向に基づく死刑の可能性を理由としたゲイ男性やレズビアンをイランへ強制送還しない姿勢をとっているオランダ、ドイツに倣うよう訴えている。

イランでは、1979年のイラン・イスラム革命によりイスラム教シーア派の法学者を中心とする体制が導入されて以来、4,000人以上の同性愛者が処刑されたとみられている。(翻訳・編集 山下梓)

© GayJapanNews All Rights Reserved

>>ニュース一覧

ポータルサイト
Google
 Google
 Gmail

Yahoo! Japan
 Yahoo! Japan
Yahoo! Mail

MSN Japan
 MSN Japan
 Hotmail

Community Site
 mixi
 Facebook
 


新聞・番組表・天気
新聞・ニュース
 共同通信
 時事通信
 47NEWS
 日経新聞
 産経新聞
毎日新聞
朝日新聞
 読売新聞
 AFP
 ロイター
 CNN
 WSJ
 ブルームバーグ
 CNET Japan

スポーツ新聞
 日刊スポーツ
 日刊ゲンダイ
 スポニチ
 サンケイスポーツ

雑誌
 Yahoo!雑誌一覧

テレビ番組表
 テレビ番組表

天気予報
 日本気象協会
 

リンク

辞書
 goo辞書
 英辞郎
 漢字辞典
 Yahoo!翻訳
 Google翻訳
 ウィキペディア

線路
 えきから時刻表

地図
 マピオン

音楽
 Listen Japan

映画
 CINEMA SCRAMBLE

買い物
ヤフーオークション
アマゾン
価格ドットコム
出前館
 楽天

レンタルビデオ
TUTAYA
ゲオ

旅行
国内ホテル
海外ホテル
Hotwire

クリック募金
 国境なき医師団
 緑化活動
 dff|クリック募金
 



 ・Google News
   2006.02.09から配信
 ・Yahoo!カテゴリ

   2007.2月から登録
 ・JANJAN
   2009.7.30掲載
 ・The Japan Times
   2008.12.23掲載
 ・IGLHRC

   2008.7掲載
 ・NHK
   '08LGBT特設サイト掲載
 ・THE BIG ISSUE
   2008.10.01掲載
 ・U.S. FrontLine

   2008.7月号掲載
 ・東京プライドパレード

   '07ガイドブック掲載
 ・朝日新聞

   2007.6.13掲載
 ・Japanzine
   2006.12月号掲載
 ・Love FM
   2006.03.29出演
 ・The Japan Times
   2006.01.17掲載
 ・NEUTRAL(白夜書房)

   2005.7月号掲載
 ・BayTimes
   海外メディア協力
 ・前大阪府議員尾辻
   LGBT関連リンク
 

 

Web site and all contents © Copyright GayJapanNews 2011, All rights reserved. Privacy Policy